アイコス 喘息 影響

アイコスなら「喘息」に影響はない?/副流煙に注意が必要です

スポンサーリンク

 

従来のタバコに代わるアイテムとして注目されているのがアイコスです。
肺がんのリスクや喘息への影響などをおさえられるとして愛煙家の間で流行のきざしを見せていますが、本当に喘息の治療に有効なのでしょうか。

 

有害成分が少なくなおかつコストも安いのであれば切り替える価値はありますが、悪影響はまったくないのでしょうか。
アイコスの喘息への影響について解説していきます。

 

 

【喘息治療でも知っておきたい!アイコスはそもそもどんな仕組み?】

 

日本では現在さまざまな種類の電子タバコが売られていますが、一般的なタイプはカートリッジ、アトマイザー、バッテリーの3つの部品から構成されています。
カートリッジの部分をドリップチップと呼ぶこともあります。

 

バッテリーは電子タバコ本体を作動させる電力を蓄えるためのもので、頻繁に使用するのなら毎日充電が必要になります。
アトマイザーはさらにタンクとコイルに分かれます。

 

タンクはリキッドを溜めておくためのもので、タンクから送られたリキッドを加熱したコイルでミストに変えることによりタバコの煙に似た霧状の煙を発生させます。

 

この煙が口に届き、まるでタバコを吸っているかのような満足感が得られるのです。

 

スポンサーリンク

 

【喘息への影響を考えた場合のアイコスのメリット】

 

タバコの欠点を補う商品として、アイコスは開発されました。
そのため、アイコスの一番のメリットは喘息への影響がきわめて少ない、と考えることができます。

 

喘息の人に影響があるのは煙に含まれているニコチンやタールです。
アイコスの場合、通常の髪タバコよりはニコチンやタールの量が少ないと言われています。

 

害となる原因の含まれている量が少ないため、影響は少ないと言えます。
しかし、少なからず影響はありますので喫煙者は喘息の方に影響のない場所で吸うことが必要です。

 

日本国内で売られる電子タバコについてはニコチンの含有が禁止されているため、通常のタバコのように依存症になる心配もほとんどありません。(アイコスはニコチンが含まれています。)

 

有害成分を含む煙を発生させないため、受動喫煙による喘息への影響など、二次被害も防ぐことができます。
火を使わないので火災の心配がなく、歩きタバコによって関係のない人を傷つけることもありません。

 

ただし日本ではまだまだアイコスの認知度が低く、法的整備も発展途上の段階です。
そのため、きめられた喫煙スペース以外では吸わないようにし、周囲への影響を減らすようにしましょう。

 

 

【まとめ】

 

電子タバコの特徴を大ざっぱに言えば、熱した液体を霧に変えることでタバコに似た味わいを出している、というイメージです。

 

このミストにはタバコのような有害成分は含まれていないため、長期間にわたって愛用してものどへの影響がほとんどありません。
アイコスが注目される理由はここにあります。

 

スポンサーリンク