小児喘息が再発してしまう原因と確率

小児喘息が再発してしまう原因と確率

スポンサーリンク

 

場合によっては大きな苦しみを伴うのが小児喘息です。
治療によって治るものですが、そうは言っても再発してしまうケースもあります。
なぜ、また同じような状況になってしまうのか、その理由と対処法を覚えてください。

 

 

【小児喘息の再発について】

 

小児喘息とはその言葉の通りにお子さんがかかる喘息です。
そして、成長と同時に発作もほとんど起こらなくなり、完治したと感じる方も多いものです。
長らく持ち歩いていた吸入器なども持ち歩かなくなるという人もいます。
しかし、小児喘息には再発してしまう可能性もあるため、その点は覚えておきましょう。

 

 

【再び発作に襲われる確率とは】

 

小児喘息になっていた人が成長したあと、再発してしまう確率はそこまで高くはありません。
しかし、大人になってから再発した喘息は完治する確率が低くなると言われていますので、大人になってからのほうが確率の面から言って注意が必要なのです。
子供の頃は気管が細いために小児喘息となりますが、その完治の確率は50パーセント以上と言われています。
しかし、大人になって再発した喘息が完治する確率はおよそ1割程度と一気に低くなるのです。
つまり、大人の喘息のほうが注意が必要なのです。

 

スポンサーリンク

 

【大人が喘息の再発を招く原因】

 

小児喘息を患っていた方が大人になってから喘息を再発する原因は様々ですが、そのほとんどは子供のころに気を付けていたことと同様です。
たとえば気温の変化や気候の変化、激しい運動などが喘息を呼び起こすことがあるのです。
これらを小さい頃は気を付けていたのに大人になると放置してしまう人もいますが、そのような場合にはこれらの要素が原因となるケースもあると覚えておきましょう。

 

 

【ストレスが原因のケースも多い】

 

大人の方が喘息になる原因としてストレスもあります。
ストレスは大人になれば多くの方が受けるものですが、だからこそストレスは大敵です。
また、このストレスが大きくなればなるほど、それが喘息を引き起こすこともあると言われているのです。
このような原因もあると肝に銘じて、小児喘息が再発しないようにストレスをため込まない努力もしてみましょう。

 

 

大人になってから小児喘息の症状が再び出てくるケースもありますので、確率は低いものの注意が必要です。
ストレスなども原因になるため覚えておきましょう。

 

スポンサーリンク