大人になってから小児喘息が再発する人もいる

大人になってから小児喘息が再発する人もいる

スポンサーリンク

 

幼いころに小児喘息となっていた方が大人になってから再発をしてしまうケースはあるのでしょうか。
また、もしもそのような状況になったらどう対処すればいいのでしょうか。
正しい知識を頭に入れて正しく行動しましょう。

 

 

【意外とある!大人の喘息】

 

喘息と言えば気管支の細い子供がなるものというイメージがあります。
小児喘息という言葉があるようにたしかに子供がなることの多いものです。
しかし、大人であっても喘息はあります。
成人のほうが一旦喘息になってしまうとそのリスクも大きいと言われている部分もあるため、咳が続くような場合には喘息を疑ってみましょう。
治療の効果が高まっていますが、それでも喘息によって命を落とす人が今もいる事実は忘れてはいけません。

 

 

【小児喘息が再発するケース】

 

大人の方が喘息になるケースの中には子供のころの喘息が再発しているケースもあります。
つまり、幼いころに小児喘息の症状で悩まされていた人が成長したあと、再び同じ症状で悩まされているということです。
このようなケースも世の中にはありますので、子供のころの話、昔の話とは思わずに再発してしまうこともあるということを念頭に咳が激しいなどの症状が出てきたらきちんと向き合いましょう。

 

スポンサーリンク

 

【子供より大人のほうが完治は難しい】

 

小児喘息は子供が成長していく中でほとんどの方が完治しています。
おおよそ50パーセントから70パーセントほどの小児喘息の患者さんはその後、完治していると言われています。
しかし、大人になるとおよそ10パーセントほどの人しか完治しないと言われています。
このような差がありますので、大人になってからの喘息のほうが厄介とも言えます。
だからこそ気を付けておきたいものです。

 

 

【再発の予防方法とは】

 

子供のころに小児喘息にかかった人が再発を防ぐための方法は様々なものがありますが、基本的には子供のころに気を付けるように言われていたことに引き続き気を付けていれば問題ないと言われています。
たとえば急激な温度変化を避けるなどです。
また、大人の場合にはストレスが原因になることもあるため、同様に再発防止のために気を付けておきましょう。

 

 

このように大人であっても喘息に悩まされるケースや再発するケースはありますので、小児喘息で悩んだ経験がある方は特に気を付けておきましょう。

 

スポンサーリンク