小児喘息の点滴時のステロイドと副作用について

小児喘息の点滴時のステロイドと副作用について

スポンサーリンク

 

小児喘息の方がその治療方法として、ステロイド入りの点滴をおこなうこともあります。
このような治療に関して副作用はあらかじめ把握しておきたいものです。
その点を覚えておき、治療を進めていきましょう。

 

 

【ステロイドに対する不安感】

 

お子さんが小児喘息の症状によって苦しみを抱えている際、喘息の発作をおさえるために使用するのがステロイドです。
吸入するタイプの薬や点滴タイプのものなどがありますが、このステロイドはすでに聞いたことがあるという方もいるかもしれませんが、副作用があるのです。
そのため、いくら小児喘息の症状への治療や対処とあっても吸入や点滴にはには親御さんが不安を感じることも多いものです。

 

 

【どのような副作用があるのか】

 

小児喘息の症状に使用されるステロイドに関しては副作用がいくつかありますが、たとえば免疫力の低下などがあります。
また、食欲の増加、ニキビなどがあります。
これらの副作用があるために、喘息の吸入や点滴だけではなく、そのほかの症状に対する薬であってもステロイドには不安を抱く方もいるものです。
しかし、この薬が喘息の発作をおさるのも確かですから、小児喘息の症状を持つ方にとっては避けられないものでもあります。

 

スポンサーリンク

 

【長期使用者に出てくる】

 

数々の副作用があると聞くとお子さんに使用するのも避けておきたいと考えるものですが、じつを言えば必ず副作用が発生するということでもありませんし、尚且つ短期の使用であれば問題ないケースが多いのです。
さらに言えば、ステロイドの吸入や点滴といった対処は、喘息の発作が起これば必ず使用するというわけではありません。
そのまま過ごすと重篤な状況に陥るようなケースにのみ使用するのです。

 

 

【基本はピンポイントでの使用なので安心】

 

つまり、小児喘息の症状の中でもいざというとき、万が一の場合に備えて使用することとなりますので、これを常用するわけではないのです。
そのため、短期間でのピンポイントでの使用となってきますので、長期使用して副作用が生じるというケースとは少々違います。
だからこそ点滴や吸入などをしなければならないときには医師の指示に従って、安心してステロイドによる治療をおこなっておきたいものです。

 

 

小児喘息では点滴や吸入によってステロイドを使用しますが、いざというときに使用するもので常時ではありません。
そのため、副作用もそこまで不安になることもないと言われています。

 

スポンサーリンク