小児喘息の発作時の入院基準や治療の方法

小児喘息の発作時の入院基準や治療の方法

スポンサーリンク

 

小児喘息の発作が起こってしまったとき、これは病院へ行って治療をしてもらうべきかなど迷うこともあります。
そのため、入院基準を把握しておきましょう。
ここでは、基準のひとつをご紹介します。

 

 

【小児喘息の入院について】

 

小児喘息の治療は基本的に在宅でおこなうことも可能です。
発作が起こっても吸入タイプの薬などを使用して治療することが多いです。
一方で発作が起こったときに入院治療となるケースもあります。
身近な家族はその入院基準を知っておくことが重要です。
入院基準を知っておくことで、いざ発作というときに自宅で治療するべきか病院へ連れていくかをジャッジするためです。

 

 

【入院基準を覚えておきたい】

 

自宅治療をおこなう小児喘息のお子さんがいる場合、入院基準は覚えておきましょう。
ひとつの基準となるのが呼吸の苦しさのレベルです。
発作が起こって、自分での呼吸がかなり厳しそう、食事もできないほどに呼吸が困難になっているようであれば医師に相談し、その上で入院する必要も出てきます。
そのため、小児喘息のお子さんを持つ親御さんはこの入院基準を常に頭の中に入れておき、医師に相談できる体制を整えておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

【入院基準がどうか迷った場合】

 

お子さんが苦しんでいるものの、果たして入院基準を満たすレベルか否かで悩んでしまう親御さんもいます。
このような場合、覚えておきたいのはやらないで後悔するよりもやって後悔するという言葉です。
つまり、悩むレベルであるならば医療機関へ行くべきです。
救急外来などに行ってもいいですし、救急車を使うこともあるかもしれません。
結果として問題なかったとしても、行動しないで後悔するほうが大きな問題ですから、このような言葉は覚えておいてください。

 

 

【入院するかどうか医師に聞く方法】

 

普段かかりつけの医師に連絡がとれる状況であれば、医師に直接聞くのもひとつの方法です。
数ある方法の中で多くの親御さんがこの方法を選んでいます。
やはり、普段から診ている先生ですから、その判断が最も信頼できるはずです。
小児喘息の発作によってパニックになってしまう親御さんもいるのですが、こうした方法で落ち着いて行動しましょう。
また、連絡方法を普段から確認しておくことも大切です。

 

 

小児喘息の治療中、発作の状態によっては入院が必要になることもありますので基準は覚えておきましょう。
また、病院への連絡方法などは普段から考えておきましょう。

 

スポンサーリンク