小児喘息の治療とプールでのスイミング

小児喘息の治療とプールでのスイミング

スポンサーリンク

 

小児喘息の治療中、運動に関してはとても迷うものです。
たとえば水泳などはおこなってもいいのか迷うものです。
そのため、プールに関してどうすればいいのか正しい知識を覚えておきましょう。

 

 

【我が子が小児喘息の治療中】

 

我が子が小児喘息の治療中ともなれば、親御さんにしてみれば日々心配は尽きることが無いと思います。
特に子供は運動をしたり、カラダを動かすことが好きですし、同年代のお子さんは走り回っている時期でもあるため、そのような姿を見て羨ましく思う小児喘息の子供も多いものです。
そうなるとなんとか運動をさせてあげたいと願うものですが、多くの運動は避けるべきと言われているため、親御さんとしても悩むものです。

 

 

【プールはやらせていいのか】

 

子供に運動をさせてあげたいと考える中で、スイミングに関してやらせてあげたいという思いが生じることも多いものですが、それは正しいのでしょうか。
この点に関しては基本的に正しいと言われています。
小児喘息の症状にもよりますが、乾燥した空気に触れるような中での運動は避けておくべきと言われています。
たとえば走るような場合には乾燥した空気が入ってきますので避けておきたいものですが、プールの場合は真逆なのです。

 

スポンサーリンク

 

【適度な湿度があるスイミング】

 

プールにおけるスイミングは文字通り、水中でおこなう運動です。
そのため、そこには適度な湿度がありますので、乾燥した空気の中で運動をおこなうわけではありません。
だからこそ、お子さんが小児喘息の治療中であってもプールにおけるスイミングは問題ないとする医師が多いのです。
適度な運動をしたほうが良いという意見もあるため、プールにおけるスイミングを実践することも考えましょう。

 

 

【行動の前に医師への相談を】

 

プールでスイミングをおこなうお子さんが小児喘息の治療中という場合、その行動に出る際にはまずは日頃治療にあたっている医師に相談しましょう。
また、学校におけるスイミングの授業が学校のプールでおこなわれることもありますが、このようなプールでのスイミングにも参加させて良いのかあらかじめ相談しましょう。

 

 

小児喘息の治療を受けている間、様々な制約がありますが、スイミングに関しては良い影響があるとの意見もありますので、医師に相談の上でおこないましょう。

 

スポンサーリンク