小児喘息、お風呂の入浴方法と注意点

小児喘息、お風呂の入浴方法と注意点

スポンサーリンク

 

小児喘息には様々な注意点があります。
そのひとつと言われるのがお風呂です。
一体、入浴の何が問題なのか、どのような方法が良いのか、その点を把握した上で、自分自身や家族が苦しまないで済むように適切に行動してください。

 

 

【小児喘息のお子さんの入浴方法】

 

お風呂に入る行為は人間誰しもおこなうものです。
それは小児喘息にかかっているお子さんであっても同様です。
そのため、軽い咳などをしているようなときでも入浴を考えることも多いものです。
しかし、喘息が軽いから問題ないと考えがちですが、そこはやはり注意点もあります。
そのため、入るにしても様々なリスクを考慮した方法を考えておかないといけません。

 

 

【温めすぎない入浴方法】

 

小児喘息のお子さんが入浴する際にはあまり暖め過ぎないことが注意点として挙げられます。
温まることによって気管支が影響を受け、そこから発作を起こしやすくなるのです。
そのため、お風呂でシャワー程度でおさめておく方法がベストと言われています。
入浴前は軽めの咳であっても温めることによってお風呂から出たあとに喘息が悪化してしまうこともあるのでこの注意点は覚えておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

【出た直後にも注意点が存在】

 

小児喘息のお子さんはお風呂から出たあとは温度の変化が激しく、そうなると発作が出やすくなります。
そのため、部屋の温度を暖めておく、もしくは即座に服を着られるような方法を考えておきたいものです。
この温度の変化をできるだけ少なくすることによって、状況の悪化をおさえることができると言われていますので、これからの日々にこの注意点は覚えておきたいものです。

 

 

【シャンプーなどの配慮】

 

小児喘息のお子さんの場合、強い香りが理由となって喘息が起こってしまうこともあります。
そのため、お風呂に入る際の注意点のひとつとしてはこうした香りにも気を付けておきたいというポイントがあります。
シャンプーやボディソープなどの中には香りが強いものも多いため、こうしたアイテムを選ぶ際には気をつけましょう。

 

 

小児喘息の子供がお風呂に入浴する際には、こうした注意点がありますので、これらの方法を守った上で、問題のないように過ごしてください。

 

スポンサーリンク