小児喘息の家庭ではペットを飼うのが良いのか悪いのか

小児喘息の家庭ではペットを飼うのが良いのか悪いのか

スポンサーリンク

 

家族に小児喘息のお子さんがいる場合、ペットを飼うことが良いのか悪いのか悩んでしまうものです。
ただし、当然ながらそこには答えが存在しています。
そのため、正しい答えを知った上で適切に考えていきましょう。

 

 

【犬や猫を自宅で飼う行為】

 

小児喘息のお子さんが家族の中にいる場合、その家においてペットを飼うことが良いのか悪いのか悩んでしまうものです。
この点に関しては、じつは医師の中でも判断がわかれています。
多くは飼わないのがベストという判断になっていますが、その一方で飼ってもいいのではないかという意見もあります。
そのため、犬や猫などと自宅で一緒に暮らしたいという思いがあるならば、その点は覚えておきたいものです。

 

 

【なぜ犬や猫は悪いと言われるのか】

 

良いのか悪いのか医師の間でも意見がわかれる犬や猫などのペットを飼う行為ですが、小児喘息のお子さんがいる場合にはこうした動物の抜けた毛が自宅の中を飛散することとなり、それが小児喘息に対して悪影響を及ぼすことになる可能性があると言われているのです。
だからこそ、悪いという意見もあるのです。
そのため、動物のすべてがNGということではなく、たとえば魚などの動物ならば問題ないと言われるケースも多いのです。

 

スポンサーリンク

 

【悪くないという意見について】

 

小児喘息のお子さんがいる家庭において犬や猫を飼っても良いという意見もあります。
ただし、これはお子さんが生まれる前から飼っていた犬や猫の場合には問題がないという意見などもあります。
お子さんが生まれたあとに新たに飼うと、そのペットに対する免疫がなく、結果として喘息の発作を多発させる可能性があると言われていますので、このような考え方もあるということは覚えておきましょう。

 

 

【気になるならば飼わない】

 

ペットを飼うことが小児喘息にとって良いのか悪いのかということは意見がわかれているのですが、基本的に飼わないのが無難と言われています。
飼わなければ少なくともペットの毛における喘息が起こる可能性が低いため、飼うのが悪いとまでは言わないまでも、飼わないのが良いと言われているのです。
さらに、より気を付けたいのであれば訪問先などに犬や猫などがいないかどうかを確認することも大切です。

 

 

ペットを飼うことは悪いとまでは言わないまでも良いとも言い切れない実情があります。
そのため、小児喘息のお子さんがいる家庭においてはこれを覚えておきましょう。

 

スポンサーリンク