塩素を含むプールでの水泳によって喘息は悪化するのか

塩素を含むプールでの水泳によって喘息は悪化するのか

スポンサーリンク

 

喘息になると咳や痰が出たり、発熱を起こしたりしてしまいます。
このような不快な症状はいろんなことが原因で悪化をする場合もあります。
プールには塩素が含まれていますが、果たしてこの成分は症状の悪化につながるものでしょうか。

 

 

【プールの塩素による喘息への影響】

 

プールには塩素が含まれていますが、その濃度は水道水を超えるものとなっています。
プールに入ることで塩素が肺に対して影響を与えたり、また水泳中に水を飲むことで体に塩素が入ることがあります。
これによって喘息の症状が出たり悪化することがあります。
このため喘息の症状を起こしやすい方は気を付けなければなりません。

 

 

日常的には喘息の症状が出にくい方の中に、プールに入ることで塩素のために喘息の症状が出る、また症状が悪化するということも実際にはあるものです。
そのため塩素を含むプールに入る頻度を減らしたり、また一度に入る時間を短縮するなど工夫が必要です。
特に悪化しやすい方は気を付けなければなりません。

 

スポンサーリンク

 

【プールでの水泳など運動が影響することがある】

 

喘息の症状が出たり悪化する原因として運動が挙げられます。
これは体力の消耗も関係しています。
水泳は全身運動でカロリーの消費が大きいものです。
思った以上にハードな運動なので体力を消耗しやすいと言えるのです。
ハードな運動を繰り返すと症状が重くなってしまうこともあり得ます。

 

 

プールでの水泳取ったような運動は喘息を持っている方は気を付けながら行うことが必要です。
症状が出たり悪化した場合には水泳をしばらく休む必要があります。
水泳は楽しく、またストレス解消にもつながるものですが、同時に水泳によって体力の消費も起こります。
そのため気を付けながら楽しむことが大切です。

 

 

プールでの水泳をすることで塩素によって症状が出たり悪化してしまうことがあるものです。
また体力を消耗することで同じく症状が出てしまうこともあります。
そのため気を付けながら泳ぐことが大切になります。

 

スポンサーリンク