大人になって喘息の症状が再発する原因とは

大人になって喘息の症状が再発する原因とは

スポンサーリンク

 

子供の頃に喘息の症状で苦しんでいても大人になって一旦止まったように見え、また再発するといったケースが実際にはあるものです。
大人になってもこの症状はとても辛いものですが、これはどういったことが原因で起こるものなのでしょうか。

 

 

【風邪が原因で喘息が再発することがある】

 

大人になっても子供の頃と同じく風邪を多くの方が引くものです。
この風邪によって気管支が炎症を起こし、それが原因で喘息が再発することもあります。
気管支が炎症を起こすことで気道が狭くなり咳をしたり、痰が出てより咳がひどくなってしまいます。

 

 

症状としてはこれらの他に発熱や倦怠感といったものもあります。
風邪は大人になっても多く引くものなので、そのたびに喘息を再発する可能性は多いといえます。
そのため成人になったからといって再発することがないと思わずに風邪をひかないようにすることが大切です。

 

スポンサーリンク

 

【風邪以外が原因で再発することもある】

 

大人になると仕事などが原因でストレスを抱えてしまうようになりますが、ストレスが原因で大人になって喘息が再発することも多くあるものです。
ストレスは免疫力を低下させるので、喘息になりやすい体にしてしまいます。
そのためストレスを感じやすい方は再発しないように毎日気をつけなければなりません。

 

 

大人になってチリやホコリ、ダニなどのアレルゲンが原因で再度起こることもあります。
こういったことで再発する方は常に掃除をして繰り返し症状が起こらないようにしていくことが必要です。
また空気清浄器などのアイテムを活用するのもいいでしょう。
ダニについては布団を日向に干すなど常に心がけていくことで喘息の症状を引き起こしにくくなります。

 

 

喘息の症状は小さい頃に起こって大人になってなくなったと安心する方がいますが、再度起こってしまうことも実際には多いものです。
いろんな原因で起こるものですが、再度起こらないように気を付けて生活をすることが必要です。

 

スポンサーリンク