冬になって喘息の症状が悪化する原因と対策

冬になって喘息の症状が悪化する原因と対策

スポンサーリンク

 

冬の寒い時期に入ってくると咳や痰、倦怠感など喘息の症状が起こりやすくなってしまいます。
とても辛い症状ですが、こういった状態になる、また症状が悪化するのを防ぐためにはどのような対策を取っていったらいいのでしょうか。

 

 

【風邪予防が喘息予防にもなる】

 

冬の時期には喘息の症状が悪化しやすくなりますが、そのため他のシーズン以上に気を付けていかなければなりません。
まず対策としては風邪予防を意識していくといいでしょう。
外出時にはマスクをしておくと症状の悪化の原因となるチリやホコリを吸い込みにくくなります。

 

 

冬の時期は寒いので体が冷えてしまいがちです。
そうなると体力を消耗したり免疫力が低下してしまい、それによって喘息の症状が悪化してしまいます。
そのために厚着をして体を冷やさないようにすることが大切です。
また部屋の環境も適度に暖かい状態にするのも症状の悪化防止のための対策になります。

 

スポンサーリンク

 

【部屋の環境を整えて対策を行う】

 

冬の時期になると部屋の中が寒くなるので暖かくすることが対策として必要ですが、そのため冬は特に空気の入れ替えをあまりしなくなってしまいます。
そのため掃除がいつもよりもおろそかになってホコリなどが部屋に溜まってしまうことがあります。
これによって喘息の症状が悪化してしまいます。
そのため対策として頻繁に掃除をしてホコリなどが部屋に舞ったりしないようにすることが大切です。

 

 

冬の乾燥がのどに悪いといって加湿器を使うことがありますが、加湿器を長く使用いていると喘息を悪化させる原因となるダニが繁殖してしまいます。
そのため対策としてあまり加湿器を使いすぎなうようにする、湿度を高く保たないようにすることも大切です。

 

 

冬の時期は喘息の症状もより悪化してしまいますが、それだけにいろんな対策を講じて症状が出ないようにしていくことが大切です。
屋内や屋外、どちらも同じようにしっかりと対策を行って辛い症状を乗り切るようにしたいものです。

 

スポンサーリンク