喘息の薬によって起こる痙攣の副作用について

喘息の薬によって起こる痙攣の副作用について

スポンサーリンク

 

喘息になると大きく咳をしたり痰が出たりします。
こういった多くある症状の他に痙攣を引き起こす場合が実際にはあるものです。
これが薬によって引き起こされることがあるのですが、どういった副作用で起こるものなのでしょうか。

 

 

【薬によっては痙攣の副作用がある】

 

喘息はアレルゲンやストレスなどが原因で気道の筋肉が収縮することで呼吸困難や咳などを引き起こすものですが、個の筋肉の収縮を改善し、喘息の症状を和らげることために薬が使用されることがあります。
薬を服用することによって呼吸が楽なりますし咳を軽減させるため体力の低下を防ぐことができます。
しかしいい作用ばかりだけではなく、薬によっては副作用が起こることもあります。

 

 

副作用で気になるのが痙攣です。
作用と同時に副作用であるこの症状が薬によっては起こることがあります。
この痙攣は気を付けなければならない副作用で、重篤な後遺障害を引き起こすこともありますし、死に至ることもあるので軽視できないものです。

 

スポンサーリンク

 

【痙攣の症状が出た場合には】

 

喘息の薬によっては副作用で痙攣を引き起こす場合がありますが、軽度のものから重篤なものまで様々あります。
この時に注意したいこととして、軽度の痙攣なので特にそのまま服用を中止しなくてもいいと自己判断することです。
そのまま継続して喘息の改善どころか、後遺障害を引き起こしてしまうことがあるのです。

 

 

病院で処方される喘息の薬で痙攣が起こった場合には医師にすぐに報告しなければなりません。
場合によっては服用の中止になることもありますが、この場合違ったものを処方されたりするので心配する必要はありません。
喘息になった時にはすぐに楽になりたいので副作用を心配しないものですが、ちょっとした不安な症状が出た場合にはすぐに医師に知らせなければなりません。

 

 

喘息の薬によってはいい効果だけが出るのではなく、場合によっては副作用も生じてしまうことがあります。
こういった状態が起こった場合には医師にすぐに知らせるようにしてください。
くれぐれも自己判断で継続することは避けてください。

 

スポンサーリンク