メンソールタバコなら喘息でもOK?気になる体への影響は?

メンソールタバコなら喘息でもOK?気になる体への影響は?

スポンサーリンク

 

喘息の人にとって喫煙は絶対厳禁ですが、最近ではメンソールタバコであれば吸っても問題ないとする噂も流れています。
果たして本当に、メンソールタバコであれば健康への影響がまったくないのでしょうか。
医学的な見地からまとめました。

 

 

【喘息に喫煙は厳禁!医学的にも例外なし!】

 

 

結論から言ってしまうと、メンソールタバコであろうと健康に与える影響は変わりません。
つまり、喘息である以上原則として喫煙はさけるべき行為であり、体に良い影響は何ひとつないと長年の研究結果は示唆しています。
「メンソールタバコであれば悪影響なし」という誤った情報が流れている背景には、メンソールにもともと麻酔作用があり、本来喫煙によって起こるはずの粘膜の炎症が感じにくくなることが挙げられます。
しかし、どんな理由があるにせよ喫煙は喘息に悪影響しかもたらさないため、呼吸器外来でも喫煙者には禁煙が強く勧められています。

 

スポンサーリンク

 

【それでもタバコが我慢できない!無理なく禁煙するには】

 

 

喘息を患っていなくても、長年の喫煙習慣は咽喉や肺、ひいては心臓にまで深刻な影響を与えるため、どの医療機関でも早期の禁煙が勧められています。
とはいえ、毎日の喫煙はリラックス作用とも結びついているため、本人にとってはそう簡単に禁煙に意識をむけられるものではありません。
禁煙補助アイテムとしてはニコチンパッチや電子タバコなどがありますが、いずれもやや高価な商品であり、効果が出るまでに挫折してしまう可能性もあります。
「タバコがほしくなったらかわりにアメをなめる」、「吸いたい欲求がおさまるまで水を飲む」などのシンプルな方法でも良い影響があるとされていますので、禁煙に行き詰まったら一度試してみるといいかもしれません。

 

 

喘息の有無にかかわらず、またメンソール入りであろうとなかろうと、タバコは体のあらゆる部位に悪影響をもたらすため、禁煙がすすめられるのが世界的な潮流です。
メンソールタバコの爽快感は確かに一時的なリラックス作用をもたらしますが、それは決して喘息治療においてプラスの影響ではないことを理解しておきましょう。

 

スポンサーリンク