レンタルと購入で喘息吸入器の費用や料金が違う?

レンタルと購入で喘息吸入器の費用や料金が違う?

スポンサーリンク

 

喘息発作をすみやかにおさえるために必須の喘息吸入器。
家庭で使うにはレンタルと新規購入のふたつの方法があります。
レンタルと購入では、喘息吸入器使用の費用や利用料金に違いが出るのでしょうか。
コストカットの観点から最善の方法を探っていきます。

 

 

【喘息吸入器の意味を理解して適正費用と料金を検討】

 

 

特殊な薬効成分が炎症を起こしている咽喉の粘膜にはたらきかけ、発作を鎮静化するのが喘息吸入器の役割です。
とくに重い喘息発作をもつ人にとって喘息吸入器は必須ですが、新品を購入した場合、機種にもよりますがおよそ1万円〜3万円の費用がかかります。
一方、同じ性能の喘息吸入器をレンタルした場合は、月額コストとして3000円〜5000円の利用料金となります。
家庭で日常的に吸入器を使用するようなら新規購入のほうが長いスパンでの費用が安くなり、外出時や激しい運動前などに使う程度であればレンタルのほうが1日あたりで見た時の利用料金は安くなります。
喘息発作の程度に合わせて使い分けることになりそうですが、具体的な費用や利用料金については医療機関でも相談窓口を開いているため、診断された時点で担当医に相談してみると良いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

【レンタルも購入も不要!喘息を悪化させないために家庭でできること】

 

 

吸入器は喘息発作を確実におさえてくれるツールではありますが、レンタルであれ新規購入であれ長い期間使用すると費用や利用料金がかさんでしまい、あまり経済的とは言えません。
喘息発作を日常的にうまくコントロールすることができれば吸入器を使わずにすみ、その分費用や利用料金を節約することができます。
喘息発作の要因は大きく、外因性と心因性があります。
このうち、比較的コントロールしやすいのは心因性のほうであり、喘息をあまり意識しないようにするだけでも発作をかなりの部分おさえこむことができます。

 

 

レンタルか新規購入かにかかわらず、喘息吸入器は自分にとって使いやすいものを選ぶことが大切です。
費用や料金をおさえることも大切ですが、喘息発作を確実におさえてくれる、相性の良い吸入器を選びましょう。

 

スポンサーリンク