喘息吸入器の治療効果と考えられる副作用

喘息吸入器の治療効果と考えられる副作用

スポンサーリンク

 

喘息治療においては吸入器の使用が優先的な選択肢となります。
しかしながら、吸入器では少なからず薬を使用するため、とくにステロイド系の場合は副作用が心配になるようです。
吸入器の使用にあたって考えられる副作用をまとめるとともに、喘息治療の基本パターンについてまとめました。

 

 

【喘息治療に吸入器が使われる理由】

 

 

喘息だと診断されると、かなり高い確率で吸入器の使用がすすめられます。
喘息吸入器の基本的な治療パターンとしては、症状そのものをおさえこむものと発作をできるかぎり起きにくくするものがあります。
前者のパターンとしてはステロイド系の薬が使われており、発作が起きてすぐに使用するほど高い効果が得られると言われています。
後者のパターンでは血管拡張剤が使われることが多く、気管支そのものをできるかぎり広げることで発作を起きにくくしよう、という発想です。
吸入器は薬剤が長時間血中に残るわけではないため副作用が比較的少なく、少量であれば幼い子どもにも安全に使えると言われています。
ただし、薬である以上一定の副作用があるのは事実であり、使用中に予期せぬ副作用が現れるようであればただちに医師に相談し、ほかの治療法に切り替えるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

【喘息吸入器に期待できる効果と副作用】

 

 

薬の効果と副作用は表裏一体の関係にあります。
残念なことに、現代医学では効果だけが高い薬をつくり出すことはできず、治療効果を期待するのであれば一定の副作用を覚悟しなくてはなりません。
吸入薬は咽喉の粘膜に直接作用するため、使用後にのどの渇きや口内炎などの症状が表れやすいと言われています。
薬の影響を最小限に抑えるため、使用後はすみやかにうがいによって薬液を洗い流すなどの処置が必要となります。

 

 

喘息治療薬は作用としてはそれほど強いものではなく、効果と副作用のバランスがととのえられた薬がそろっています。
治療法のバリエーションも豊富ですので、ひとつの治療法で思わしい効果が期待できなければべつの治療法を模索し、効果を確かめることもできます。

 

スポンサーリンク