喘息治療薬の副作用は心臓にも?

喘息治療薬の副作用は心臓にも?

スポンサーリンク

 

喘息治療において最も注意しなくてはならないのが薬の副作用です。
作用の強いものでは心臓にまで影響をもたらす場合もあり、喘息の症状が重い場合はとくに注意が必要です。

 

 

【心臓への副作用が少ない電子タバコの利点】

 

 

喘息治療薬の副作用とならんで心臓への影響が懸念されるのが喫煙です。
喘息治療による副作用も時として心臓に大きな負担をかけますが、長年の喫煙習慣もまた健康に多大な悪影響をもたらします。
電子タバコは従来のたばこの欠陥を補うために開発されました。
日本で販売されている電子たばこにはニコチンが含まれていないので、通常のたばこのように習慣性になる心配はほとんどありません。
電子タバコ本体は、一見5000円~10000円とやや高価ですが、長期間に渡って繰り返し使用できるため、長期的にコストを節約することができます。
火を使わないので火事を心配する必要はなく、タバコを持ち歩いて無関係の人々を傷つけることはありません。
しかし、電子タバコにもいくつかの欠点があります。
電子たばこは開発から歴史が浅く、品質の保証が完璧ではないことも指摘されています。
実際、一部の国では安価な不良品も出ているため、本体の有害成分や爆発による被害が報告されています。
改善の余地のある電子たばこですが、受動喫煙による喘息の被害を最小限に抑えるうえで有効なツールだと見られています。

 

スポンサーリンク

 

【治療薬の副作用が心臓に与える影響】

 

 

喘息治療薬の副作用によって心臓に悪影響が出るケースは、きわめてまれではありますが実際に報告されています。
それはとくに作用の強い治療薬において起こりやすく、心臓はデリケートな部位ですので副作用についても厳格にコントロールする必要があります。
喘息治療において考えられる副作用としては手の震えやのどの渇き、激しい痛みをともなう口内炎などがあり、いずれも症状がみられた時点で薬を切り替えるなどの対処が必要となります。

 

 

きわめてまれではありますが、作用の強い治療薬では心臓への副作用が懸念されるケースがあります。
治療中に重篤な症状がみられた場合にはただちに薬をやめるようにしましょう。

 

スポンサーリンク