気管支炎の時の楽な寝方や姿勢、体勢は?

気管支炎の時の楽な寝方や姿勢、体勢は?

スポンサーリンク

 

気管支炎を発症すると、激しい咳や絡みついてくる痰に悩まされます。
特に昼間よりも夜間のほうが症状が悪化するという人は多いでしょう。
気管支炎を起こした時には寝方を工夫することが必要です。
楽な姿勢や体勢の寝方とはどのようなものがあるのか紹介します。

 

 

【気管支炎で夜になると咳がつらくなるのはなぜ?】

 

気管支炎にかかると、夜寝ている時に激しい咳が出てしまい安眠できないといった悩みを抱えている人は多いでしょう。
昼間は治ったように見えても、なぜ夜になると咳が止まらなくなるのかというと、その原因には副交感神経が関わっているようです。

 

 

就寝時やリラックスしている時は副交感神経が優位になります。
それにより、気管支がゆるみ、空気の通り道が狭まってしまう為に呼吸がしにくくなると考えられています。
更に、仰向けの姿勢で寝ていると痰が溜まりやすくなり、息苦しさを感じる原因になります。

 

 

気管支炎で夜中に頻繁に苦しくなるという場合には、できるだけ楽な姿勢を取る、寝方を工夫することが重要になります。

 

スポンサーリンク

 

【寝るときにはどんな寝方が楽な体勢?】

 

気管支炎をわずらっている時には、寝ている時の息苦しさをどうにかしようと、何度も寝返りをうったり楽な姿勢を探して様々な寝方を試してみる人も多いでしょう。

 

 

特に小さいお子さんは眠れないと体力の消耗が激しいため寝方の工夫が必要です。
咳が酷く眠れない時には、幼児の場合、上体をやや起こしてやることで呼吸もしやすい楽な体勢になります。
この時に首だけ高くするのではなく、上半身全体を支えてあげるようにしましょう。

 

 

大人の場合は、楽な姿勢は人それぞれです。
横になることで期間が狭まるため、起きて体操座りのような体勢を取ると楽になるという人もいます。
また、大きめの抱き枕などを抱えて横向きで寝る、幼児の楽な体勢と同様に上半身を少し起こして寝るといった方法がよいという人もいます。

 

 

気管支炎で苦しくて眠れない場合、寝方を変えるだけで激しい咳が楽になることがあります。
幼児の場合には上体を起こした姿勢を取ってやり、大人の場合は好みがあるので、それぞれ楽な体勢を試してみるとよいでしょう。
姿勢や体勢を変えるだけでなく、喉の乾燥も咳が出る原因になるため、適度な水分補給を行い喉を潤すことも大切です。

 

スポンサーリンク

関連ページ

大人が気管支炎で入院した場合、期間はどれくらいかかる?
気管支炎の症状や原因はどんなもの?声が出ない時の対処法とは?
気管支炎ではレントゲン写真に白いものが写ることがある?
子供の気管支炎、保育園や学校の登園・登校はいつから可能?
気管支炎の症状が続く期間はどれくらい?自然治癒はできる?
気管支炎の原因とその症状とは?吐き気がある時の対処法は?
気管支炎の原因に疲れやストレスは関係ある?その対処法は?
気管支炎の咳が原因で起こる胸の痛みを緩和する方法とは?
はちみつの気管支炎の症状をやわらげてくれる効果とは
気管支炎のつらい症状、咳が出ないようにする対処法とは?
気管支炎で胸や背中に痛みが出る症状はあるの?
気管支炎にロキソニンを服用しても効果はある?副作用の心配は?
気管支炎の時にアルコールを飲むと体や薬の効果への影響は?
気管支炎に点滴治療は有効なの?どんな作用がある?
気管支炎を放置していると肺炎になることも
市販の薬で気管支炎を抑えられる?急な場合は吸入器を使っての対応
気管支炎の場合は病院の何科を受診するのが良い?
大人の気管支炎の治療期間は人それぞれ
気管支炎の症状は息苦しい!原因と対処法も合わせてチェック