子供の気管支炎、保育園や学校の登園・登校はいつから可能?

子供の気管支炎、保育園や学校の登園・登校はいつから可能?

スポンサーリンク

 

子供が激しい咳や痰を伴う気管支炎を発症してしまったら、症状は治まっているけれどいつ頃から保育園や学校に登園・登校させるか気になっているという方も多いでしょう。
子供の気管支炎の原因として多いRSウイルスに感染した際に、登園・登校までどれくらい時間を置いたらよいかなど紹介しています。

 

 

【子供に多く見られるRSウイルス感染症とは】

 

子供の病気で、重症化すると気管支炎を起こしてしまう原因の1つにRSウイルスがあります。
RSウイルスは非常に感染力の強いウイルスであり、また赤ちゃんはこのウイルスを防げるほどの抗体を持っていないため、2歳になるまでにほとんどの赤ちゃんが感染します。
主な症状は発熱、鼻水、咳など風邪とほとんど変わりません。
そのためRSウイルスに感染していると気付かない場合も多くありますが、重症化すると強い咳や痰、喘鳴の他、気管支炎を発症することもあります。

 

 

また、このウイルスは1度かかっても何度でも感染します。
大人になるにつれて感染しても症状は軽くなっていきますが、子供の頃には重症化させないように注意が必要です。

 

スポンサーリンク

 

【RSウイルスに感染したら保育園はいつから登園・登校できる?】

 

子供がRS感染症にかかってしまったら、感染力の強いウイルスのため保育園や学校は休ませましょう。
また、症状が治まっても1〜3週間程度はウイルスが排出されてしまうため、 治ってすぐに保育園や学校に登園・登校させてしまうと他の子供たちに感染させてしまいます。
医師の許可が出るまでは保育園や学校を休ませてあげましょう。

 

 

【RSウイルス以外での気管支炎の場合はいつから登園・登校が可能?】

 

RSウイルス以外でも、保育園や学校などにありふれている菌やウイルスによって子供の気管支炎は起こります。
病状や原因によって登園や登校するまでの期間は異なります。
発熱や酷い咳のピークが過ぎても軽い症状が1〜2週間程度続くこともあるため、登園・登校の時期は医師の許可が出てからにしたほうがよいです。

 

 

気管支炎の症状が治まっていても、原因となるウイルスなどを拡散させてしまう可能性があるため、医師にいつごろから保育園や学校への登園・登校が可能になるか確認したほうが安全です。
RSウイルスは何度も繰り返し感染するウイルスなので重症化しないよう気をつけましょう。

 

スポンサーリンク

関連ページ

大人が気管支炎で入院した場合、期間はどれくらいかかる?
気管支炎の症状や原因はどんなもの?声が出ない時の対処法とは?
気管支炎の時の楽な寝方や姿勢、体勢は?
気管支炎ではレントゲン写真に白いものが写ることがある?
気管支炎の症状が続く期間はどれくらい?自然治癒はできる?
気管支炎の原因とその症状とは?吐き気がある時の対処法は?
気管支炎の原因に疲れやストレスは関係ある?その対処法は?
気管支炎の咳が原因で起こる胸の痛みを緩和する方法とは?
はちみつの気管支炎の症状をやわらげてくれる効果とは
気管支炎のつらい症状、咳が出ないようにする対処法とは?
気管支炎で胸や背中に痛みが出る症状はあるの?
気管支炎にロキソニンを服用しても効果はある?副作用の心配は?
気管支炎の時にアルコールを飲むと体や薬の効果への影響は?
気管支炎に点滴治療は有効なの?どんな作用がある?
気管支炎を放置していると肺炎になることも
市販の薬で気管支炎を抑えられる?急な場合は吸入器を使っての対応
気管支炎の場合は病院の何科を受診するのが良い?
大人の気管支炎の治療期間は人それぞれ
気管支炎の症状は息苦しい!原因と対処法も合わせてチェック