はちみつの気管支炎の症状をやわらげてくれる効果とは

はちみつの気管支炎の症状をやわらげてくれる効果とは

スポンサーリンク

 

気管支炎を発症した際につらいのが激しい咳や喉の痛みです。
どうにかして改善したいけれどもなかなか病院に行くことができないという時に役に立つのがはちみつです。
気管支炎の症状にどのように効果があるのか紹介します。

 

 

【気管支炎のつらい咳にはちみつが効果的な理由とは】

 

風邪や気管支炎などで咳が続くと、食欲が落ちてしまったり体力も衰えてしまいます。
大人でもつらい症状ですが、体が小さな子供の場合には更につらいでしょう。

 

 

昔からはちみつは喉に良い食べ物として知られており、炎症を抑えてくれる効果があると言われます。
甘くてとろみがあるため、気管支炎を起こして食欲が無い時に子供でも食べやすい食材でしょう。

 

 

子供には寝る前に小さじ1杯半〜2杯程度のはちみつをお湯で2倍に薄めてスプーンで与えると夜寝ている間に出やすい咳を緩和してくれます。
大人の場合はお湯ではなくコーヒーにはちみつを小さじ2杯ほど加えて飲むと、カフェインとのダブルの効果によってつらい咳を緩和してくれることが期待されます。

 

スポンサーリンク

 

【子供に与える時の注意点】

 

1歳未満の子供にはボツリヌス菌に感染する可能性があるため、はちみつを与えてはいけません。

 

 

【レモンと合わせることで気管支炎の症状を緩和させる】

 

コーヒーのカフェインとはちみつの組み合わせには咳をやわらげる効果がありますが、レモンにも咳を改善してくれる効果があります。

 

 

はちみつとレモン汁を同量混ぜ、それを小さじ2杯ほど白湯かお茶に加えて飲むことで、気管支炎によって生じる咳をやわらげてくれると言います。

 

 

温かい飲み物を飲むことは喉を潤し、水分を補給できる効果もあります。
気管支炎を直接治してくれるものではありませんが、手軽に実践できてつらい症状の緩和に役立てることができます。

 

 

はちみつは1歳未満の子供に与えないという注意点を守れば、気管支炎を根本的に治療してくれるものではありませんが、つらい症状を緩和するのに役に立つ食品です。
水分補給をしっかり行い、暖かくして休むことが回復にもつながるため、咳や喉の痛みがつらい時に利用してみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

関連ページ

大人が気管支炎で入院した場合、期間はどれくらいかかる?
気管支炎の症状や原因はどんなもの?声が出ない時の対処法とは?
気管支炎の時の楽な寝方や姿勢、体勢は?
気管支炎ではレントゲン写真に白いものが写ることがある?
子供の気管支炎、保育園や学校の登園・登校はいつから可能?
気管支炎の症状が続く期間はどれくらい?自然治癒はできる?
気管支炎の原因とその症状とは?吐き気がある時の対処法は?
気管支炎の原因に疲れやストレスは関係ある?その対処法は?
気管支炎の咳が原因で起こる胸の痛みを緩和する方法とは?
気管支炎のつらい症状、咳が出ないようにする対処法とは?
気管支炎で胸や背中に痛みが出る症状はあるの?
気管支炎にロキソニンを服用しても効果はある?副作用の心配は?
気管支炎の時にアルコールを飲むと体や薬の効果への影響は?
気管支炎に点滴治療は有効なの?どんな作用がある?
気管支炎を放置していると肺炎になることも
市販の薬で気管支炎を抑えられる?急な場合は吸入器を使っての対応
気管支炎の場合は病院の何科を受診するのが良い?
大人の気管支炎の治療期間は人それぞれ
気管支炎の症状は息苦しい!原因と対処法も合わせてチェック