気管支炎にロキソニンを服用しても効果はある?副作用の心配は?

気管支炎にロキソニンを服用しても効果はある?副作用の心配は?

スポンサーリンク

 

風邪を引いたと思ったら、そこから気管支炎に移行してしまうことがあります。
気管支炎による強い咳や痰、喉や胸、筋肉の痛みなどが出るととてもつらい物です。
しかし、なかなか病院に行けそうにないという時に、痛みを緩和し、熱を下げる効果がある市販のロキソニンを使えないかと考える人も多いでしょう。
気管支炎に効果があるのか、また副作用の心配についても紹介します。

 

 

【ロキソニンとは】

 

痛み止めや解熱剤として処方されるロキソニン(成分名はロキソプロフェン)は、医師によって処方されるだけでなく同様の成分を含んだ市販薬を薬局やドラッグストアで購入することができます。

 

 

服用する際には使用者の年齢や症状によって用量が変わるため、処方箋や市販の商品であれば説明書をよく読んで使用量を守ることが大切です。

 

 

【ロキソニンの効果は?】

 

ロキソニンには関節痛や腰痛、生理痛、歯の痛みなど、日常的に感じる体の痛みを鎮め、炎症を抑える効果があります。
また、解熱作用もあるため急性上気道炎(風邪)などで発熱した時に用いられることもあります。

 

スポンサーリンク

 

【気管支炎に効果はある?】

 

ロキソニンには炎症を鎮め、解熱させる効果があるため風邪で熱が出てしまったという時には有効でしょう。
その中に、急性気管支炎を伴った風邪も含まれているものがあります。

 

 

ウイルス性の急性気管支炎の場合、ロキソニンを服用することで解熱や痛みをやわらげるといった対処療法は可能です。
しかし服用しているにも関わらず症状が改善されない場合には細菌による急性気管支炎を発症している可能性もあるため、市販薬を服用しても治らない場合には病院で診察を受けましょう。

 

 

【副作用について】

 

ロキソニンは副作用が出にくいように工夫されている薬ではありますが、まれに胃痛や腹痛といった副作用が出ることがあります。
副作用を避けるには、空腹時の服用を避けることと、水を多めに飲むことが重要です。

 

 

気管支炎にかかると、激しい咳や発熱、胸の痛み、筋肉痛などが症状として現れます。
仕事などでどうしても病院に行くことができない時に、熱や痛みを緩和するため市販のロキソニンを使用することはできますが、服用しても効果が現われない、症状が続くといった場合には病院で診察を受けましょう。
また、副作用が少ない薬ではありますが胃腸障害などの副作用を出さないためには空腹時の服用を避けることが大切です。

 

スポンサーリンク