気管支喘息 小児 うつる

気管支喘息が小児にうつる?/ありません。他の病気と併発に注意

スポンサーリンク

 

気管支喘息はアレルギーやその他の要因によって気管に炎症を起こして、その結果として呼吸が苦しくなる病気です。
そして気管支喘息の代表的な症状としては咳や痰を発症することです。

 

気管支喘息の患者は咳を多くするために、自宅に同居している小児がいる場合は、うつるかうつらないかが心配になる場合があります。

 

気管支喘息は風邪のように細菌やウイルスが原因ではありませんので、咳から他人にうつることはありません。

それは小児も同じです。

 

そのため同居人に喘息を発症している人がいても、別部屋に行くなどの対策をする必要もありません。
ただし自己判断で気管支喘息であると思い込むのは辞めた方が良いでしょう。

 

頻繁に咳をする場合は、早急に病院に行くことを推奨します。
喘息による咳と肺炎や風邪で咳をする症状は、外見上は似ているからです。

 

もしも喘息ではなく肺炎によって咳をしている場合は当然に小児に菌がうつるために注意が必要となります。

 

スポンサーリンク

 

気管支喘息を発症すると、呼吸が苦しくなってを多発してしまいます。
あまりにも多くの咳をするために、小児にうつる事を心配する人もいますが、喘息は他人にうつらないために安心して大丈夫です。

 

もっとも人によっては、喘息の症状と同時に風邪を引き起こしている人もいます。
喘息によって免疫力が低下して、風邪を引き起こしてしまう人もいるからです。
この場合は小児が近くにいると、風邪はうつるために注意が必要です。

 

気管支喘息の人が風邪も併発しているか否かを見極めるポイントとしては、その患者がを発症しているかどうかです。

 

喘息は基本的に熱を引き起こす事はないために、高熱が続いている場合は風邪も併発している事が多いです。
この場合は小児を患者から遠ざける事が必要となります。

 

小児は大人のように抵抗力が強くないために、風邪であっても簡単にうつる事があるからです。
気管支喘息の原因は、部屋の中のダニや埃が原因となる場合があるため清掃をしっかりと行う事が重要です。

 

スポンサーリンク