気管支喘息 原因 タバコ

気管支喘息の原因のひとつ「タバコ」/発作や悪化に注意が必要

スポンサーリンク

気管支喘息とはその名前
からも分かるように気管支に関わる疾患で、気管支に慢性的な炎症が起こるという疾患になります。

 

気管支に慢性的な炎症が起こっていると、気道が通常よりも敏感な状態となってしまいます。
この気道が敏感な状態の時に何等かの刺激が加わると炎症が悪化して、発作が発生してしまう事があります。

 

気管支喘息の発作は主に呼吸に悪影響を及ぼすもので、呼吸が困難になって息苦しさを感じる等が挙げられます。

 

気管支喘息の発作が起きた時の気道は通常よりも狭くなっていて、しかも痰が絡む事で更に呼吸がしにくい状態に陥ります。

 

軽度の発作であれば時間の経過に伴って自然と落ち着きますが、重い場合には自然に落ち着かないケースも少なくないです。

 

発作が起きている時間が長くなると命に関わる可能性も出てくるので、速やかに適切な対処を講じる事が大切になります。

 

こういった場合の対処法は発作時用の吸入薬を服用するというのが一般的で、服用後は少しずつ症状が落ち着いてきます。

 

スポンサーリンク

 

気管支喘息の発作が発生する原因はいくつかあり、代表的なものとしてはタバコの煙やアレルギーの原因物質等が挙げられます。

 

一般的にはアレルギーの原因物質に触れる事で発生する事が多いとされていますが、タバコの煙が原因となって発生する事も少なくないのです。

 

タバコの中にはニコチンを始めとする数多くの有害物質が含まれていて、これらの物質が体に良くない様々な影響をもたらします。

 

勿論これは気道にとっても同じで、タバコに含まれている有害物質が気道には刺激となって発作を引き起こす事があるのです。

 

気管支喘息の患者本人がタバコを吸っていれば、それが原因となって発作を起こす事は充分に想定出来ます。
しかし、それ以外にも本人が吸わなくても家族等の身近な人がタバコを吸っていれば、その煙が原因となって発作が起きる事もあるので注意が必要です。

 

気管支喘息は完治させるのが難しい場合も少なくなく、治療にあたっては上手く付き合っていく方法を身に付ける事に重点が置かれます。

 

例えば気道の炎症を抑える薬を用いたり、発作の原因となるものを遠ざける等の方法が挙げられます。

 

スポンサーリンク