気管支喘息 病院 何科

気管支喘息の疑いがある場合は病院は何科を受診すればいい?

スポンサーリンク

気管支喘息が起きた時に何科の病院にいけばいいのか症状や原因と合わせて考えてみましょう。

 

まず何科に行くかという事を考える際に重要な事は何が原因で気管支喘息になったかという事です。
風邪が原因なのか、アレルギーが原因なのか、又はその他の原因なのかで行くべき病院に違いが出る場合もあります。

 

しかし自分に特にかかりつけの病院も無ければ、原因がよくわからない場合に何科に行くか迷った時は普通の内科で問題ありません。
大体の気管支喘息は内科で解決します。

 

気管支喘息が起きる際に最も多いパターンは風邪をひいた時に風邪がきっかけで気管支喘息の症状が起きるパターンです。

 

風邪の菌から体を守るために気道が過剰な反応を起こす事で喘息やアレルギーなどの症状が起きます。
つまり風邪を治す事がアレルギーの治療にも繋がってくるのです。

 

なので内科で風邪を治すお薬や気管支の炎症を抑える薬など治療に必要なお薬は全て処方していただけますので何科の病院に行くか迷った時には内科で問題ありません。

 

その際に自分が何が原因で気管支喘息になったお医者様から話をしっかり聞いておきましょう。
自身の体質を知る事が予防や今後また同じ症状が出た時にどうすべきかという判断材料になります。

スポンサーリンク

気管支喘息は基本的には内科で解決します。

 

しかし症状や体質によっては耳鼻咽喉科や呼吸器科にかかるという事もあります。
専門的な知識を持っているのは呼吸器科です。

 

アレルギーが起きる原因に多いパターンは風邪だけでは無く、季節性であったり、花粉や食べ物、ストレスなど人によって様々なものがあります。

 

症状にも個人差があり喘息が出る事で鼻詰まりが酷くなったり、耳の聞こえが悪くなったり、咳が長い期間止まらないという例もあります。
特にアレルギーの症状には鼻詰まりによる耳の症状は比較的多いとされています。

 

内科で症状が治まれば問題無いのですが、体の調子が完全に治らない場合は耳鼻咽喉科や呼吸器科に行くという事もあります。

 

体の調子が悪いのに何科の病院に行くか自身で判断できない場合は内科の先生に自分の症状を訴え自身は何科に行くのが適切なのか相談しましょう。

 

その際に自身の体質や気管支喘息などのアレルギーが起きた時に体のどの部分に症状が起きやすいかをしっかり覚えておきましょう。

 

覚えておけば次にアレルギーが起きた時にスムーズに判断できます。
アレルギーによる症状は性質上どうしても自然に治りにくいので病院に行く事は大切です。

 

調子が悪くなったらできるだけ早く病院に行きましょう。
そして自身の体質を知り上手くアレルギーと付き合っていく事が予防や治療の早さに繋がってきます。

スポンサーリンク