気管支喘息 胸 痛み 症状

気管支喘息と胸の痛みの症状が起こる原因/気をつけるべきポイント

スポンサーリンク

 

気管支喘息とはその名前からも分かるように気管支に関わる疾患で、気管支に慢性的な炎症が起こるという疾患になります。

 

気管支が慢性的な炎症を患っていると、その影響で気道が過敏な状態になってしまう事があります。

 

この気道が過敏になっている時に何等かの刺激が加えられると、気道が強く反応して主に呼吸に関する症状が現れます。
これが気管支喘息と呼ばれる疾患で、ひどくなると命に関わる可能性も出てくるので注意が必要です。

 

この疾患が発生する原因は複数挙げられますが、代表的なものとしてはアレルギー反応があります。
何等かのアレルギーの原因物質に接触する事で、体が強く反応してこの疾患の発作を起こしてしまうというものです。

 

それ以外にもタバコや花火の煙、冷たい空気やストレスの蓄積等が原因となって症状が現れる事もあります。
タバコに関しては本人が吸っていなくても、家族等の身近な人の中に喫煙者がいると発作が起きてしまう事も少なくないです。

 

スポンサーリンク

 

気管支喘息を発症した場合に現れる症状としては、気道が狭くなって呼吸がしにくくなるというのがよく知られています。
それ以外にも発作を起こしている時には、喘鳴というゼイゼイといった独特の呼吸音がするという症状が現れる事も多いです。

 

ちなみに気管支喘息の患者の中には胸の痛みを訴える人もいますが、この胸の痛みは決して珍しい症状ではないと言われています。
この場合の痛みは胸の上部に感じる事が多く、これは呼吸がしにくくなっている事と大きく関わっています。

 

上記したように気管支喘息の発作時には気道が狭くなるので、呼吸がしにくくなるという特徴があります。
この状態を少しでも改善するために胸の筋肉が活発に働いて、呼吸を楽に出来るようにと頑張ります。

 

そのため胸の筋肉が酷使される事になり、この影響で胸の痛みという症状が現れるとされています。

 

もしも痛みを感じるのが胸の上部ではない場合には、他の影響による痛みの可能性も出てくるので注意が必要です。

 

気管支喘息は完治させるのが難しい場合も多く、治療の際には上手く付き合っていく術を身に付ける事に重点を置く事もあります。
例えば必要に応じて薬を用いる、アレルギーの原因物質を普段の生活から遠ざける等が挙げられます。

 

スポンサーリンク