気管支喘息 喘鳴 なし

気管支喘息で喘鳴なしの可能性はある?/少ない症状です

スポンサーリンク

 

気管支喘息とはその名の通りに気管支に関わる疾患の一種で、気管支に慢性的な炎症が起こる事で発症します。
何等かの理由で気管支に慢性的な炎症が起きてしまうと、気道が通常よりも過敏な状態になってしまう事があります。

 

この気道が過敏になっている時に刺激が加えられると、気道が強く反応して主に呼吸に関わる症状が現れます。
これが気管支喘息と呼ばれる疾患でひどい場合には命に関わる可能性も出てくるので、くれぐれも注意しておく必要があります。

 

気管支喘息が発生する原因は複数考えられますが、代表的なものとしてはアレルギー反応が挙げられます。
ダニやカビ等といったアレルギーの原因物質に触れる事で、気道が強く反応して発症してしまうというケースです。

 

それ以外にもタバコや花火の煙、冷たい空気やストレスの蓄積等が原因となって発症してしまう事もあります。
ちなみにタバコの煙に関しては本人が吸っていなくても、身近に喫煙者がいるとその影響で発作が起きる事も少なくないです。

 

スポンサーリンク

 

気管支喘息を発症した場合に気を付ける必要があるものとして、発作が起きてしまう事が挙げられます。
この疾患で発生する発作には気道が狭くなってしまうという特徴があるため、呼吸が困難になり息苦しさを感じるようになります。

 

軽度ならば発作は自然と収まりますが、重い場合にはなかなか収まらないので注意する必要があります。
ちなみに気管支喘息の症状の一つに喘鳴という症状があり、これはゼイゼイやヒューヒューといった呼吸音がする事を言います。

 

この喘鳴は発作が起きた時に現れるのですが、患者の中には喘鳴なしという人もいらっしゃいます。
喘鳴なしという現象は決して珍しいものではないのですが、患者全体の中では比較的少ないと言えます。

 

気管支喘息というとこの症状があるのが当然とされていて、喘鳴なしならば喘息ではないと判断してしまうケースもあります。
しかし喘鳴なしでも医師が確認すると気管支喘息だったという事も多いので、安易に判断せずに病院を受診するのが望ましいです。

 

ちなみに喘鳴なしの患者は咳が出て止まらなくなるという症状が現れる事もあるので、喘鳴なしの場合にはこの点にも注目してみる事が大切です。

 

スポンサーリンク