気管支喘息 入院 費用

気管支喘息で入院した場合の費用はどれくらい?/保険適用される?

スポンサーリンク

気管支喘息とはその名の通りに気管支に関わる疾患で、気管支に慢性的な炎症が起こるという疾患になります。
気管支に慢性的な炎症が起きていると気道が敏感な状態になり、そこに何等かの刺激が加わると気道が過敏に反応します。

 

この気道の過敏な反応によって起こるのが発作と呼ばれるもので、主に呼吸に関わる症状等が現れる事になります。
気管支喘息の発作で発生する症状としては、気道が狭くなる事で発生する息苦しさ等を挙げる事が出来ます。

 

それ以外にも発作時にはの分泌も活発になるので、これにより更に呼吸が苦しくなる事も多いです。
これらの発作は軽度であれば自然と収まりますが、重い場合にはなかなか収まらない事も多くあります。

 

発作が起きている時間が長くなると命に関わる事もあるので、速やかに適切な対処をする必要が出てきます。
気管支喘息の発作時の対処方法は専用の吸入薬を用いるのが一般的で、吸入薬を使う事で少しずつ発作が落ち着いてきます。

スポンサーリンク

気管支喘息が発生する原因としてはアレルギー反応がよく知られていますが、それ以外にもタバコの煙等が原因となる事もあります。

 

また冷たい空気を吸い込んだり運動をしたりするだけでも発作が起きる場合もあるので、普段の生活でも充分に注意する事が大切です。

 

気管支喘息は根本的に治すのが困難な場合も多く、上手に付き合う術を身に付ける事を治療の目標とする事もあります。

 

具体的には発作の原因を普段の生活から遠ざける、必要に応じて炎症を抑える薬を服用する等が挙げられます。
ちなみに気管支喘息の症状が重い場合には入院治療となる事もありますが、そうなると気になるのが費用の事です。

 

この疾患の治療費用には健康保険が適用されるので、入院にかかった費用等も保険の適用内となります。

 

そのため入院費用は全額の3割程度の自己負担で済む事が多く、高額の入院費用を請求される事は基本的にないです。

 

一般的に気管支喘息の入院期間は1週間程度の事が多いのですが、それ以上に長くなっても高額療養費制度が適用されます。

 

高額医療制度を活用すれば1か月でおよそ8万円程度で治まることがほとんどです。

 

この制度を利用する事で入院費用の自己負担額は少なくて済みますが、制度を受けるためには申請をする必要があります。

スポンサーリンク