気管支喘息 声出ない 対処 方法

気管支喘息が原因で声出ない時の対処方法

スポンサーリンク

 

呼吸器系の病気の中で厄介なのが気管支喘息となっていて、この病気は幅広い年齢の間で発症する事が多いため日頃からしっかりと対処していく必要があります。

 

気管支喘息が起きる原因に関してはダニ・ハウスダスト・カビ・花粉・食物等から発症する事が多いとされています。
また、最近ではタバコ・飲酒・ストレス・天候や気温の変化・香水等の匂い・薬の副作用・風邪等の病気から発症する場合もあるため、気を付けていかなければいけなくなります。

 

特に子供や高齢者の方は気管支喘息は警戒していく必要があり、重篤な病気を引き起こす引き金になるためです。
気管支喘息の症状に関しては息切れ・声出ない・咳・痰・喉の違和感・呼吸困難・酸欠等があります。

 

気管支喘息は咳や痰が多くでる病気であるため、声出ない症状が起きる事があります。
声出ない症状が起きると私生活にも支障をきたしてしまい、精神的にも負担がかかるため上記で紹介した症状が長期間出ている場合はすぐに病院にいって診療を受ける事をおすすめします。

 

病院では様々な対処方法を受ける事ができるため、気管支喘息を短期間のうちに治す事もできます。

 

スポンサーリンク

 

病院に行った際は何科を頼りにしていけば良いのかというと、成人の場合は内科・呼吸器科・アレルギー科を受診する事になり、子供の場合は小児科を受診すれば医師がしっかりと対応してくれます。

 

病院を受診した際に声出ない症状が出ている場合はメモ帳とかに状態や症状のメモを取り医師や看護師に状況の説明をすれば、すぐに治療を行ってくれます。

 

検査方法に関しては血液検査・胸部レントゲン検査・呼吸機能検査・気道過敏性試験・皮膚反応テスト等があり、場合によっては心電図やエコー検査、気管支鏡検査等を受ける事もあります。

 

治療方法に関しては薬を投与した吸入器を使い直接炎症している部分を治療する方法薬物療法等で対処する事になります。

 

これにより声出ない症状が緩和され声がでるようになりますが、再発の恐れもあるため治療中はしっかりと対処していく必要があります。

 

日常でできる対処方法についてはマスクをつけたり、手洗いうがいを必ず行ないつつできるだけ声を出さないようにする事が大切です。
喉に刺激を与えてしまう事により再び声出ない症状が出てしまう場合があるからです。

 

子供の気管支喘息の検査方法や治療方法についてはしっかりと病院で行うことが大切です。
小児科で医師に症状を相談してみましょう。

 

スポンサーリンク