気管支喘息 完治 期間

完治は難しい気管支喘息も早い期間で症状を軽くできる!

スポンサーリンク

乾いた咳が続き次第に呼吸が苦しくなったり痰を伴う咳に変わっていく気管支喘息は子供から大人まで幅広く発症する気管支の病気です。

 

特に小さな子供は咳が続くと呼吸しづらいこともあり早めにかかりつけの病院での検査、治療が必要になります。

 

通常の咳とは違い市販薬では効果のない気管支喘息は少しでも早く薬を飲み適切な治療を行い発作が起きないようにすることが大切な病気です。
咳が止まり完治したように見えても体調によってまた発作を起こすことがあるので注意が必要です。

 

薬を飲んで咳が止まれば長い期間苦しい思いをしなくて済む気管支喘息ですが薬を飲むことで症状を和らげたり発作の期間を短くすることはできますがどれも完治しているわけではありません。

 

発作が出ないようにしていくことはできても完治は難しい病気なので自分の体質や体調をよく知り気管支喘息の発作が起きたときのことを考えて病院に相談したり適切な治療を受けなるべく発作が起きないように、発作が起きても短い期間で治るようにしていきましょう。

スポンサーリンク

気管支喘息とは上気道から肺の間の太い気道から枝分かれした空気の通り道である気管支に微生物や異物を含んだ空気が呼吸したときに送られてくることで気管支の機能が低下し発症します。

 

一生付き合うこともあると言われている気管支喘息は完治することもありますがほとんどの方は症状が治まっても再発することが多い病気です。

 

完治するまでの期間は人それぞれです。
数週間で治る人もいれば数年たっても治らない人もいます。

 

子供のころから気管支喘息を発症している方は体が大きくなるにつれて症状が出ることが少なくなり咳が出始めても薬を飲むことで短い期間で収まることもあります。

 

呼吸器疾患であるため気道を浄化するネプライザー吸入療法や体位ドレナージなどを使って治療を行いかなり慢性的に咳が続く時には自宅での吸入療法を行う場合もありますが発作が起きたときに飲む飲み薬もあるので病院で体質や発作が起きている期間などをよく相談して少しでも早くよくなるように完治を目指したいですね。

 

気管支喘息のように咳が止まらない症状は体力を消耗していきます。

 

完全に発作が出ることがない完治はしなくても少しでも発作が出たときには症状が軽くなる、短期間で治るように自分の体調を管理し健康に過ごしていけるようにすることが大切です。

スポンサーリンク