気管支喘息 薬 副作用 動悸

気管支喘息の治療に使われる薬の副作用の一つ「動悸」

スポンサーリンク

 

気管支喘息とはその名の通りに気管支の疾患の一つで、気管支の慢性的な炎症等が原因となって発症します。
気管支が慢性的な炎症を起こしていると、その影響で気道が通常よりも敏感な状態になってしまう事があります。

 

この気道が敏感になっている時に何等かの刺激が加わると、気道が強く反応して気道を狭くする等の作用が現れます。
これが気管支喘息と呼ばれている疾患で、ひどい時には命に関わる可能性も出てくるので注意する必要があります。

 

気管支喘息は発作が起きた時が危険なのですが、その発作を引き起こす原因はいくつか考える事が出来ます。
最も代表的なものとしてはアレルギー反応があり、ダニ等といったアレルギーの原因物質に触れる事で発作を起こします。

 

それ以外にもタバコや花火の煙、冷たい空気を吸い込んだりストレスが蓄積したりしても発作が起きる可能性があります。
ちなみにタバコの煙に関しては本人が吸っていなくても、身近に喫煙者がいると副流煙によって発作が起こる事も少なくないです。

 

スポンサーリンク

 

気管支喘息の発作が起きた場合に現れる症状としては、気道が狭くなる事による息苦しさや息切れ等がよく知られています。
それ以外にも呼吸時にヒューヒューという独特の呼吸音がしたり、痰が多く絡んだりするといった症状が現れる事もあります。

 

気管支喘息は完治させるのが難しい場合も多く、喘息と上手く付き合えるようにする事を治療の目的とするケースも少なくないです。
具体的にはアレルギーの原因物質を普段の生活から遠ざける、必要に応じてを服用する等が挙げられます。

 

ちなみに気管支喘息の薬には様々な種類があり、それぞれに高い効果を期待する事が出来ます。
しかしその反面で動悸等の副作用が起こる事もあるので、きちんと知っておく事も大切だと言えます。

 

気管支喘息の薬の副作用として現れる事が多いのが動悸ですが、この動悸は気管支を拡げる薬の副作用として現れる事が多いとされています。
気管支を拡げる薬が持つ副作用は動悸以外にも、頭痛や手の震え等が現れるケースもあります。

 

全ての人が薬によって動悸や震え等の副作用が起こるわけではないですが、血中濃度が高い場合には動悸等の副作用が起こりやすいと言われています。

 

スポンサーリンク