気管支喘息 息切れ 対処

気管支喘息で息切れの症状!その対処法とは?

スポンサーリンク

気管支喘息といえば幅広い年齢層の間で発症する恐れがある病気として知られていて、一度発症すると完治するまで時間がかかる病気であるため日頃から気を付けていかなければいけなくなります。

 

この気管支喘息は主にダニやホコリが原因で発症する事が多いですが、他の病気と一緒に気管支喘息を引き起こす場合もあるため専門家達は警鐘を鳴らしてきています。
タバコを吸っている方も気管支喘息を引き起こすリスクも高いため気を付ける必要があります。

 

主な症状に関しては息切れ・喘鳴・咳・痰・喉の違和感等があり、場合によっては呼吸困難や過呼吸を発症して意識を失う事もあるため、注意する必要があります。
特に息切れは私生活に支障をきたすため、しっかりと対処していかなければいけくなります。

 

症状が出やすい時間帯については夜間や早朝が多く強弱もあったりするため、かなり厄介です。
季節の変わり目や気温差が激しく天候が安定してない時も要注意です。
運動などで身体を動かすことによって症状が出る場合もあります。

 

そして、疲労が溜まっていたり風邪をこじらせた時も気管支喘息を発症するリスクが高いため日頃からしっかりと対策や対処していく必要があります。

スポンサーリンク

症状が長期間続いているようであればすぐに病院に行きしっかりとした診療を受ける必要があります。

 

病院に行った際は何科を頼りにしていけば良いのかというと、内科・呼吸器科・アレルギー科が無難となっていて、子供の場合は小児科を受診すれば専門医の方がしっかりと対応してくれます。

 

気管支喘息の診療については主に問診・検査・治療の3つとなっていて、検査は血液検査・呼吸機能検査・気道過敏性試験・皮膚反応テスト・胸部レントゲン検査等があります。

 

息切れが激しい場合については特殊な医療機器を使って治療する事になります。
特殊な医療機器を利用する事により息切れを治す事ができ、定期的に通院を行うこの治療を受ける事になります。

 

治療方法に関しては投薬治療がメインとなっていて、発作を抑える治療薬や長期管理薬等を使い治療していく事になります。
他の病気が原因で気管支喘息を発症していた時は場合によっては入院して治療を受ける必要もあります。

 

息切れを起こさないためにはどういった方法で対処をしていけば良いのかというと、外に出る時はできるだけ喉に刺激を与えたりしないようにマスクをつけたりする事が大切となっていて、手洗い・うがいも大事な対処法となっています。

 

お酒を飲んだりタバコを吸ったりする人は治療中の期間は禁酒・禁煙をする事が重要となっていて、これをする事により息切れの発作を抑制する事ができるため効果ある対処法となっています。

スポンサーリンク