気管支喘息 薬 フルタイド

気管支喘息の薬「フルタイド」/効果と副作用について

スポンサーリンク

 

気管支喘息とは、ゼイゼイしたり咳が止まらなかったりと大変そうなイメージがあります。
しかし、その原因は一体何なのでしょうか。

 

それは気道の炎症です。
慢性的な炎症により気道が狭くなってしまい、空気の通りが悪くなります。
そうするとちょっとした刺激で発作が起こるのです。

 

発作が起こる原因はホコリ・タバコの煙・ストレス・寒暖の差などが挙げられますが、人によって様々です。

 

気管支喘息の患者さんは昔より大幅に増えており、それは現代の環境が原因だと言われています。
建築材の変化・排気ガス・食品添加物・長時間労働などで、より気管支喘息が誘発されやすい状況となっています。

 

もし気管支喘息になってしまったら、きちんと治療することが大切です。
中途半端に薬を中止してぶり返す、というのは最も良くないパターンです。

 

見かけの症状が治まっても、気道の炎症が残っている場合があります。
そこで薬をやめてしまうとまた発作を起こし、そういったことを繰り返すうちに気道が元に戻りづらくなって、症状が重くなる可能性があります。

 

スポンサーリンク

 

気管支喘息の治療薬には大きく2種類あり、起こってしまった発作を鎮めるタイプと、発作を予防するために毎日使用するタイプです。
大抵はこの2種類が組み合わせて処方されます。
予防するタイプには、吸入・内服・貼り薬・注射がありますが、主流は吸入です。

 

フルタイドという吸入は気道の炎症を抑える薬で、いわゆるステロイドに該当します。
効き目が強く患部のみに直接作用するので、副作用は少ないとされています。

 

フルタイドには、粉を吸入するタイプや霧状のものを吸入するタイプなどあり、同じフルタイドでも器具によって吸入の仕方が違います。
説明書をよく読み、操作方法が分からなければ必ず医師や薬剤師に相談しましょう。

 

フルタイドは予防のために規則的に使用する薬です。
発作が起こった時に吸っても即効性はありませんので注意しましょう。

 

また、効果が出るまでに数週間かかる場合もあります。
フルタイドの副作用として比較的多いのは、口内炎や声がれです。

 

これらは吸入後にうがいをすることで防ぐことができます。
気管支喘息は発作が起こってからでは辛いので、予防するに越したことはありません。

 

フルタイドはきちんと指示を守って正しく吸入すれば、大変良い薬です。
勝手に止めたり回数を減らしたりせず、必ず医師に相談しましょう。

 

スポンサーリンク