気管支喘息 微熱 症状

気管支喘息の微熱の症状/起こる原因tの対処方法について

スポンサーリンク

気管支喘息とはその名の通りに気管支に関わる疾患の一種で、気管支の慢性的な炎症等が原因となって発症します。
気管支が慢性的な炎症を起こしていると、その影響を受けて気道が通常よりも敏感な状態になってしまう事があります。

 

この気道が敏感になっている時に何等かの刺激を受けると、それに強く反応して主に呼吸に関わる症状が現れてしまいます。
これが気管支喘息と呼ばれている疾患で、ひどい場合には命に関わる可能性も出てきてしまうので注意が必要です。

 

気管支喘息の発作が発生する原因については複数考えられますが、代表的なものとしてはアレルギー反応が挙げられます。
ダニやカビ等といったアレルギーの原因物質に触れる事で気道が強く反応して、発作を起こしてしまう事があるのです。

 

それ以外にもタバコや花火の煙、冷たい空気が気道に入ったりストレスが蓄積したりすると発作が起きる事があります。
ちなみにタバコの煙に関しては本人が吸っていなくても、身近に喫煙者がいるとその影響で発作が起きる事も少なくないです。

スポンサーリンク

気管支喘息の発作が起きた場合に現れる症状としては、気道が狭くなって呼吸が困難になる等が挙げられます。
それ以外にも喘鳴と呼ばれるヒューヒュー、ゼーゼー等といった独特の呼吸音、痰が多く絡む等の症状が現れる事もあります。

 

また気管支喘息の患者の中には微熱の症状を訴える人もいますが、この微熱という症状も珍しいものではないです。
気管支喘息の発作は何度も繰り返し起こるという特徴があり、それによって体力の消耗やストレスの蓄積が患者に起こります。

 

そうなると体の免疫力等も低下してしまうため、合併症が起きてしまう事も少なからずあるのです。

この合併症の一つが微熱という症状で、この微熱と合わせて全身の倦怠感等の症状が現れる事もあります。

 

微熱状態が続くとそれだけでも体力を消耗するので、出来れば微熱等の合併症が起こる前に治療を行うのが望ましいです。
ただ気管支喘息は完治させるのが難しい場合も多く、治療では上手に付き合う術を身に着けさせる事に重点を置く事も少なくないです。

 

具体的には必要に応じて薬を用いる、アレルギーの原因物質を普段の生活から遠ざける等が挙げられます。

スポンサーリンク