喘息 遺伝 確率

喘息は遺伝する?気になるその確率は?

スポンサーリンク

 

喘息も一種の特異体質である以上、遺伝が原因になることもあるのではという心配の声が少なからずあるようです。

 

仮に喘息が両親から子どもに遺伝する病気であるとしたら、その確率はどの程度のものなのでしょうか。
具体的なデータをまじえて検証してみました。

 

 

【喘息って本当に遺伝するの?具体的な確率もチェック!】

 

結論を先に言うと、病気としての喘息は遺伝しないことが医療現場での統一見解となっています。

 

ただし、ここで安心してはいけません。
喘息そのものは遺伝しないものの、症状を引き起こしやすい体質が両親から子どもに受け継がれることがあり、結果として生まれつき呼吸器疾患をもって育ってしまうケースも少なくありません。

 

アレルギー体質の遺伝確率は「両親そろって原因因子をもっている場合」でおよそ50%「両親のどちらかが因子をもっている場合」で約30%と言われていますから、アレルギー体質に関しては遺伝の影響を無視できないことがわかります。

 

スポンサーリンク

 

【遺伝しても大丈夫!アレルギー症状を軽減するアプローチ】

 

アレルギー体質が両親から子どもに受け継がれる確率は決して低くはありません。

 

しかしながら、仮に子どもがアレルギーを起こしやすい体質に生まれてきたとしても、日頃の生活環境をほんの少し工夫するだけで症状を起こさないようにすることができます。

 

喘息の大敵と言われているのがダニやカビ、ホコリです。
とくに梅雨時期の布団には目には見えませんがかなりの確率でダニが生息しているとされており、知らないうちにそれを吸い込むことでアレルギーの症状を悪化させてしまいます。

 

梅雨時期でなくても布団シーツやカバーは最低でも週に一度は洗濯して天日干しするなど、つねに清潔な環境をととのえ、喘息を発症する確率を低くしましょう。

 

 

【まとめ】

 

両親から遺伝するのは喘息そのものではなく、アレルギー体質です。

 

受け継がれる確率も低いとは言えませんが、原因因子を生まれつきもっていたとしても必ず発症するわけではなく、生活空間を清潔に保つことで症状をかなりの部分抑制することができるため、幼い子どものいる家庭では環境にとくに気を遣いましょう。

 

スポンサーリンク