喘息 薬 副作用 動悸 震え

喘息の薬の副作用「動悸・震え」/対処法は?代替え案はあるの?

スポンサーリンク

 

喘息の薬の副作用についてはどのように対処すればいいのでしょうか?

 

一般的に良く言われている副作用としては動悸と震えがあります。
この記事では喘息の治療の副作用である動悸と震えへの対応について紹介していきます。

 

 

【喘息の薬の副作用:動悸や震え】

 

喘息の症状を緩和させるための薬を服用する場合に時として、手の震え、軽い足の震え、軽い動悸、軽い吐き気などの症状が起きてしまうことがあります。

 

この場合の症状によって生命の危険にさらされることがありませんが、日常生活に支障をきたす場合もありますので、担当の先生に相談してみるといいでしょう。
場合によっては他のを処方してもらうことも可能になります。

 

あるいは、喘息の症状があまりにひどい時に限定して薬を服用するようにすることもおすすめの方法になります。
生命の危険を伴う場合には服用を当然優先させるべきです。

 

スポンサーリンク

 

【漢方薬を持ちいる方法】

 

喘息の際に用いる薬の副作用(動悸、震えなど)が深刻な場合には、漢方薬を用いるということも考えられます。

 

漢方の場合には動悸、震えなどの副作用の心配がほとんどありませんので、長期間に渡って症状改善のために服用することが可能になってきます。
漢方の場合には症状別にいろいろなものがあります。

 

体がそれほど丈夫では無い方に適した漢方もありますし、子供さんに適したものも存在していますので、自分の状態に合わせて服用することもできます。

 

しかしながら、副作用が無いと言っても、服用にさいしては、専門家のアドバイスを求めてそれに合わせて服用していかなくてはなりません。

 

また、漢方の場合には、効果が出てくるまでにある程度の時間が必要ですので、じっくりと病気を治していく必要が出てきます。

 

 

【まとめ】

 

喘息の薬の副作用の代表的なものとして知られる動悸と震えについては、それを避けるために、服用を制限する方法や漢方に頼るという方法が考えられますが、いずれの場合もドクターの指導の元に最適な服用法を実践することも必要となります。

 

スポンサーリンク