喘息 お酒 アルコール 発作 影響

お酒は喘息に悪い?アルコールの発作への影響

スポンサーリンク

喘息を誘発する要因としてはダニやカビなどのハウスダストがよく知られていますが、実はお酒やアルコールも悪影響を与える原因になり得るのです。
アルコールが喘息に作用するメカニズムと発作への影響についてまとめました。

 

 

(アルコールが喘息発作に悪影響を与えるメカニズム)

 

お酒やアルコールが喘息の発作に悪影響を与えるとされるのは、より正確に言えば「アセトアルデヒドが発作を起きやすくしている」という意味になります。

 

アルコールにふくまれるアセトアルデヒドが体内で無毒化される過程で肥満細胞に刺激を与え、本来なら必要のないヒスタミンという物質を放出させてしまいます。

 

お酒によって過剰に分泌されたヒスタミンは気管支の筋肉を収縮させるため結果として喘息の発作が起きやすくなる、というメカニズムになっています。

 

このようにお酒(アルコール)を摂取することによって誘発される発作を「アルコール誘発喘息」といい、とくに繰り返し発作を起こす人に対しては喘息の治療を優先させるため、禁酒が言い渡される場合があります。

 

スポンサーリンク

(どうしてもお酒が飲みたくなったら……)

 

ぜんそくの治療において禁酒はセットのようなものです。
とはいえ患者も人間ですから、完全にお酒をやめるというのは精神的にもなかなか苦しいものがあります。

 

ゴールの見えない禁酒を乗り切るために大切なのはイメージトレーニングです。
それも、できるだけポジティブなイメージをふくらませるようにしましょう。

 

禁酒を耐え抜いてつらいぜんそくを克服した姿をできるだけ具体的に想像し、誘惑に負けそうになる自分を鼓舞するのです。

 

症状がひどくなければ度数の低いお酒であれば飲んでもいいと言われる場合もあるため、禁酒の期間もふくめて担当の先生とよく相談しておきましょう。

 

 

【まとめ】

 

「お酒は発作に悪影響」
その真犯人は、アセトアルデヒドでした。

 

無毒化される前のアセトアルデヒドが肥満細胞にヒスタミンを分泌させ、気管支の平滑筋を過剰に収縮させてしまうのです。

 

影響のレベルによっては長期間の禁酒が指示される場合もありますが、つらい時にもポジティブなイメージトレーニングをつづけ、発作の影響と上手に付き合っていきましょう。

スポンサーリンク