喘息 症状 大人 発熱 対処

喘息で発熱!大人と子どもでは症状や対処法が違う?

スポンサーリンク

 

喘息で気管支などに炎症が起こると、大人でも発熱などの症状に悩まされる場合があります。

 

たいていは一過性で終わりますが、ごくまれに症状が重症化し肺炎などを併発するケースがあるため適切な対処が肝心です。
大人と子どもの対処法の違いについてもまとめました。

 

 

(大人の喘息で発熱症状が起きた場合、考えられる対処法は?)

 

本来的には、喘息そのもので熱が出ることはめったにありません。

 

もしも喘息の症状とともに発熱が誘発されたとしたら風邪や気管支炎、肺炎などの病気の可能性があり、まずはくわしい原因を突きとめることが先決です。

 

大人の場合、市販薬を数日間服用すれば治まることがほとんどですが、発熱の原因をきちんと特定しないうちから安易に薬で対処しようとするとよけいに症状を悪化させてしまう危険性があるため、微熱が繰り返されるようなら一度病院で正式な検査を受けましょう。

 

スポンサーリンク

 

(小児喘息!対処法は大人と違う?)

 

子どもは大人よりもデリケートなため、発熱症状に対してもより慎重に対処する必要があります。

 

子どもの場合、大人よりもささいな原因で発熱しやすく、喘息とは関係のないところでさまざまな症状が併発することもめずらしくありません。

 

治療薬の副作用の可能性もありますが、喘息治療のストレスによって発熱が起こるケースもあり、小児科などでは子どもの心理的ケアに力を入れているところも多いようです。

 

発熱にくわえて倦怠感や息苦しさを訴える場合は肺炎も疑われるため、普段と様子が違うようなら安易に対処せず、専門の医療機関を受診させるようにしましょう。

 

 

【まとめ】

 

喘息は初期段階で対処法を誤ると症状をかえって長引かせてしまう可能性があるため、軽症のうちに適切にケアをする必要があります。

 

とくに幼いうちの発熱は深刻な後遺症につながる危険性も否定できず、両親のほうがつねに子どもの様子に注意を払う必要があります。

 

高熱だけでなく全身の倦怠感や胸の痛みなどがくわわるようなら肺炎の疑いが濃厚のため、ただちに医療機関に連れていく必要があります。

 

スポンサーリンク